自給自足系ミニマリスト

子育て中の田舎の主婦です。製菓衛生師免許、コーヒーインストラクター(2級)所持。バックパッカー経験あり。世界一周していた夫と結婚しました。

コーデュロイのパンツを3ヶ月間、探し続けました。

苦手だったものが急に欲しくなった時。

8月ごろからずっと、コーデュロイのパンツが欲しいなと思い続けていました。

私は生地の着心地を比べるのが好きなので、感触のいい生地を探すのが好きです。

minimalistinaka.hatenablog.com

minimalistinaka.hatenablog.com

でも、コーデュロイはなんとなく避けてきました。

コーデュロイを着たのは、たしか小学校の頃が最後だったはずです。

みんながカラフルでおしゃれな服を着ているなか、わたしは自分の茶色いコーデュロイのオーバーオールが、なんだか田舎者でダサいように感じてしまい、あまり好きではありませんでした。

コーデュロイは、田舎者っぽくてダサい。そんな思いがどこかにあったのか、無意識に避けてきたようです。

好きな形の服があっても、でも生地がコーデュロイだからなぁと買うのをやめてしまった、なんてこともありました。

それなのに、今年は欲しくなったのです。

夫がコーデュロイをかわいく着こなしていた。

男性にかわいく、というのは褒め言葉ではないかもしれませんが、夫はのんびりしていて可愛らしい人です。

服が足りなくなってくると、直感で選んで買ってきます。

去年、シャツを断捨離していた夫は、ショッピングモールでシャツを探していました。

「これにする!」と手に取ったものは、コーデュロイのポケットがついた、グリーンのシャツです。 こちらです。↓

GLOBAL WORK (M)オックスポケカエシャツ

これがとっても夫に似合っていて、今まで私がシャツを選んで買ってきたこともあるのですが、それらよりもずっと似合っていました。

コーデュロイのほっこりと暖かいような質感が、夫の雰囲気にとても合っていました。

雰囲気を真似したい、その人みたいになりたい、と服を真似ること。

安室ちゃんのようになりたいといってアムラーになったり、篠原ともえちゃんみたいになりたいといってシノラーになったり。

真似をする、ということに小さい頃は抵抗がありましたが、今ではいいことも十分にある、と思っています。

たとえば、ダイエットがうまくいかなくて悩んでいた時に、アムラーの格好がしたくて、やる気が出て成功したとか。

元気がない時に、シノラーの格好をしてみたら、なんか笑っちゃった、とか。

のんびりした人になりたい、と思って夫と同じコーデュロイを着ていたら、慌てている時に落ち着くことができた、とか。

最初は自分が起こした小さな変化も、いずれは本物の「自分の一部」になる日もくるかもしれません。

ラッキーなことに手に入った、理想のコーデュロイパンツ。

以前、コーデュロイパンツを衝動買いしたかったけどできませんでした。

minimalistinaka.hatenablog.com

コーデュロイは気に入って着るかわからなかったし、今はパーカーが欲しいのでお小遣いをそんなに使えないので、予算は4000円未満でした。

そのため、いろいろなお店で探しまわったのですが、予算オーバーか、身長170cmの私には丈が短いものが多く、サイズの合うものがありませんでした。

がっくりうなだれて帰ってきたのですが、偶然インターネットで、欲しかったけれど予算オーバーで諦めていたコーデュロイパンツが、中古で販売されているのを見つけました。

股下76cmを探していて、このパンツの股下は76cmジャストでした。ぴったりです。

出かける前にもチェックしていたのですが、そのときにはなかったのに。

もしもコーデュロイパンツを衝動買いして帰っていたら、「あー!嘘でしょー!」と叫んでしまうくらい、欲しかったパンツです。

すぐさま買いました。(笑)

長くなってしまったのでどんなコーデュロイパンツなのかは、次回に書こうと思います!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
↓ブログランキングに参加をしています。↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村