自給自足系ミニマリスト

子育て中の田舎の主婦です。製菓衛生師免許、コーヒーインストラクター(2級)所持。バックパッカー経験あり。世界一周していた夫と結婚しました。

手帳のつかいかた。頭の中を整理整頓、すっきりするずぼらマインドマップ。

考え事で頭がいっぱいになった時にすること。

次々いろいろなことを考えて、頭の中がもやもやしてきた時。私がやっているのはマインドマップです。

やっている、といっても、ずぼらな性格なので、かなり適当にやっています。

よって、定義は割と無視しています。

それをマインドマップと呼べるの?なんて言われてしまいそうですが、自分の思考がすっきりしており、マインドマップのおかげで次々とやりたいこともできているので、役割は果たしています。

マインドマップとは。

簡単に説明すると。

1枚の紙に、考えていることをクモの巣状に書いていくことです。

脳の思考回路はクモの巣状になっているため、それをそのまま紙に書くことで、頭の中を覗いたように書けるようです。

連想ゲームのように、考えていることを書いていけばいいだけです。

だいたいざっくりですが、こんな感じです。

本当のやり方をいうと、白くて大きめの紙を使い、下ではなく真ん中にテーマを書きます。(ちょうどクモの巣の中心にクモがいるように)。

ずぼらなわたしのマインドマップ。

上の書き方でもかなり省略してルールを無視していますが、本当はさらに省略して、こんな感じに書いています。このスタイルでもう4年以上、続けています。

色鉛筆は持ち歩いていないので、出かけた先や作業の合間などに、ポケットに入れていた手帳と万年筆を取り出して、なぐり書きするのがいつもの行動です。

これでもじゅうぶんにすっきりするので、満足しています。

マインドマップをやっていてよかったこと。

わたしは好奇心が旺盛で、いちどに浅く広くやりたいタイプの人間です。

すると困ることが出てきます。いったい今は何をやっているのかわからなくなってしまうことです。

たとえば、読書の場合。

読みかけの本がどれだけあるかわからないと、ちょっと本屋さんで見て気になっただけで、積読本がいっぱいあるのにさらに買い足してしまいます。

私の積読本たち。

すると、買い足したものを読み始めてから、他に積読本があったのを思い出して、「こっち先に読まなきゃ本棚がパンクしちゃう!」と思って、積読本を読み始めます。

そうなるともう、積読本を読むことは、義務に変わってしまいます。

マインドマップを書くと、頭の中にある「あれもこれも」が整理されていくような感じで、とても気持ちがいいです。

マインドマップをやって、定期的に頭の中をすっきり整頓していこうと思っています。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
↓ブログランキングに参加をしています。↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村