自給自足系ミニマリスト

子育て中の田舎の主婦です。製菓衛生師免許、コーヒーインストラクター(2級)所持。バックパッカー経験あり。世界一周していた夫と結婚しました。

ネットショッピングで買った服がタンスの肥やしにならないために、私がしている2つのこと。

目次

和歌山の吊り編み機で編まれたパーカーを買いました。

以前の記事で長く着られるパーカーを探した中でも、白シャツに1番合うパーカーはScyeのパーカーがいいと思ったからです。 冬に着膨れせず、きれいめに着たい!と思い、決めました。

minimalistinaka.hatenablog.com

最初は失敗ばかりだった、ネットで服を買うということ。

私は普段、ほとんどの服をインターネットで購入しています。 山奥に住んでいるし、子供もまだ小さいので、服を都会まで買いに行くのは難しいからです。

ただ、インターネットで服を購入すると、サイズがよくわからずに結局あまり着ない、着てみたら着心地が悪かった、結果あまり着なくてタンスの肥やしになってしまった、ということがあります。

そんな理由で、ネットで服を買うことを避けている人もいるのではないでしょうか。

私もたくさんの失敗をしました。ですが、2つのことをやるようにしてからは、失敗がほぼなくなりました。(サイズが合わない例外として、洗濯して縮んだことと、体が大きくなって入らなくなったことはあります。)

インターネットで服を買う時にやっていること。

服のサイズをノートに書いておく。

これが、いちばん大事です。今までに持っていたワードローブのサイズを書いておきます。そして、そのサイズ感がどうだったかも、書いておきます。 たとえば、スウェットの場合。

このように書いておけば、「ちょうどよい」サイズが分かります。 大切なのは妥協しないことです。

いくら自分のサイズがわかっていても、「3cmくらい着丈が短くてもいっかー。」なんて思って買うと、あとで背中が出てしまうのが気になったり。

そういう小さなストレスにつながるからです。

その小さなストレスは、タンスの肥やしになる素になってしまいます

材質をチェックする。

好みの生地の質感を知っておく、というのも大切です。 試しに、あなたのお気に入り服は、何でできているのかをチェックしてみてください。どの服にもタグが付いているはずです。

綿100%ですか?それともウールや絹やレーヨンですか?

そして、反対に肌触りの良くなかった服や、静電気がおきて嫌だった服など、気に入らなかった服があれば、そのタグもチェックしておくといいです。

私の場合、ポリエステルはすぐに毛玉になってしまったり、汗っかきなので、汗を吸い取らずに痒くなったようなことがあり、避けています。

難しいひとつひとつの生地の特徴は知らなくても、「この生地は好き、嫌い」という自分の好みを知っているだけで、服をタンスの肥やしにしてしまう確率が減ります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
↓ブログランキングに参加をしています。↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村